210120

 今朝はロビンフッドを見ながら感動を貰って・・・1991年のロビンフッドです。映画としての完成度も満足のいくもので、しかも最後まで諦めないこの姿に何か途轍もないものを学ぶ・・・私達が失って久しいもの。誰かが困ってたら助けてあげたい!!そういう切なる青年をケビン・コスナーが演じ、周囲のみんなも熱演し、朝から英気を貰えた。勝つことを諦めたらいけないんだ・・って強い作用にうちのめされて、リメイクが盛んに行われどのロビンフッドも素晴らしいんだけど、この作品をヒントに詠もうと思う。それは日本人が失った境地かもしれない。今は・・・特に人々の心は彷徨っている。他の人間のことなんてどうだっていいのさ・・・っていう流れ者的考え方。しかし底流にあるのは人の情けや、情緒の素晴らしさ。日本人の真骨頂は情けだよ?ってあたしは、もう一回、諦めないポジティブを提示する。ほな生きまひょ。闘いに 勝つ素晴らしさ 届けられ ロビンフッドの 「朝」を迎えり☆映画よ、ありがとう!!あたしを叩き起こしてくれたね?!☆

210119

 デイリーとダイアリー、スペルもよく似ているし、これを正確に書き、しかも意味まで言える大人、78%はいる日本だろう。英語レベルも決して悪くないが、こと文学に関して、かなり遅れをとっている。手つかずで狂歌が残ってこうしてあたしが掻い摘んで皆と論議出来る場を、はてなが作ってくれてとても感謝している。相撲にはまったく興味なかったのに、こうして詠むまでになったのも、亡夫がかなり相撲を愛していたことが関与で、昨日までの様相で気がついたことを詠もうと思う。なんと・・・三敗ゾーンに十人がひしめく。これは面白くて詠まないではいられない。そこで小兵力士二人の休場に残念がっている観客の、深いため息を盛り込む、ほな生きまひょ。コロナ禍で 休場となった 小兵組 三敗ゾーンに 十名犇めく☆炎鵬と石浦、次はきっとみたいな!!照強、二人の分も頑張れ!!☆

210118

 あったことを正確に描写し吐露する。それが5番目の栞、歴史を詠む。この技術を会得すると迷わず狂歌を扱える自分になれる、そして気負わず使いこなすことが可能になる。今回田中投手がこういうチャンスを掴んだのも、ルメイヒューのこと、そしてもう人かたの、有名投手が関与していること、報道で見たんですが、かなり交錯してますね。クルーバー投手も絶品の投手ですがあたしは田中の方が、二倍の価値あると思う、しかしアメリカの評価がクルーバーが上だった?って。しかしエルズベリーのことを鑑みながらあたしはヤンキースはすべての面でムダ買いは、逆に少ないのでは?って見ている。なぜならカブスがエルズべリーを目視していることも言える。野球能力以外の何か?観客を引っ張る魅力をエルズベリーが持っていることを皆承知です。些細な違反で争っていることはエルズベリーにとって不運のようだけど、そもそもあの契約金額見て、不運とは思えない。田中はエージェントが支配するこのMLBでどこかの球団の袖に手を通すのでしょうけど、ここに日本語の魅惑ある。袖に手を通す。なかなか乙ですね♬ほな生きまひょ。果たして僕は どの球団の ユニフォームの 袖に手を 通しているんだろう?☆楽天ならいいな!!って今思う☆

210117

 毎号、休むことなく郵送してくださる生命之光さん、ありがとうございます。キリストの息吹に触れられて私は幸せです。特に雪よりも美しいキリストの衣に感動して、そのヘルモンの露がシオンの山に下るようだ・・・と詩篇133で紹介があったのでこのヘルモン山を詠みたいのです。想像してもこの風景が凄すぎて、ある言葉を思い出していたのです。日本語で減るもんじゃないっていう言葉です。お金は消費すればなくなってしまうけど、思想は違います。そして皆が拠り所を求めてきたときに憩いの場となる。厳しい言葉で叱責もあるだろうし、時には優しくアドバイスも受けます。イスラエル北部にあるという聖地では最も高い山、キリストは三人の弟子を連れて登り、預言者たちと意見交換をしている。天にいる預言者たちが降りてきたのでしょう。こちらが登ったからこそ、預言者も来てくれた、ほな生きまひょ。キリストの 衣は雪より まばゆくて 減るもんじゃなし すぐ分かち合おう☆いいな!!狂歌でなければ歌えなかったキリストの気持ち、減るもんにヘルモンが架かる☆

210116

 家族はこう言う。テンテレテンがもっともあたしの標榜にあっている!!って知らせてくる・・・いきなりだが、漢字も宛がう必要に駆られる。天照天だ。なんかこう自然体なんだけど、不動の才能も匂う。けど、どこかに落ち度が絶対に隠れているから、天才が照れ臭そうにしているっていう意味?よくわからない。しかし、つんつるてんと同義語みたいなんだよね?ってそう嘯く。ま、いいだろう。あたしの今日からの六文字みんなに紹介していこう。希望がなければ未来もなかなか出てこない。サンタモニカ。いいでしょう!!ここをあたしの未来永住の地にしたい!!今はコロナでどこも大変な状況。しかしあえて、あたしは、夢を語る。そしてそれをみんなで共有していく!!ほな生きまひょ。あいつ誰? サンタモニカに 春が来て ゴリラのようちゃん ビキニフォーカス!!

210115

 甲乙付けがたいっていうのが、あたしの川柳と狂歌を指す。どちらもこれから平衡しつつやっていく。甲が狂歌なら・・・川柳が乙。柔らかい感じが川柳にはある。転じて少し肩パット入れたくなる威風堂々的狂歌だろう。埼玉県越谷市の川柳【かわやなぎ】町には偶然入る。道に迷っているとき・・・。そしてそのときの奇跡を今朝は詠もうと思う。かわやぎから来た町名で碑も発見!!あのころ、もしも今みたいに、すまほを持っていたら、絶対撮影しただろう。ほな生きまひょ。偶然にも 旅の途中で 迷い込む 川柳町との 乙なる出会い☆川柳【センリュウ】軽妙さが好き!!そして飾らないあの町並みも実に懐かしい。いつか・・・また行けたらいいな☆

210114

 今朝はニコニコセンターまで戸籍謄本取りに行き、郵便局とファミリーマート、たったの二キロそこらを往復徒歩で行っただけで疲労感が凄くて今まで寝てた、そして銀行残高。こ、こんなもの心臓に悪い・・・コロナで職がなかったわけではない。喪に服していただけ。しかしそこには重大な理由もちらほら見える。元来のナマケモノがとうとう正体を表した感じ。否めない。気分一新したい。でも植物のひとつ、玄関先のムクゲだ。あの連続の雪でとうとう、しまやかしてしまう。古賀の植木市で購入し長年育成していただけに残念でならない。じょうろで水をやってたら良かった?しかしあの鉢を持って車庫屋根の下まで移動してたら恐らく腰を痛めていたに違いなく諦める。辛いは辛い、しかし1%の望みはあるかも・・・って慰める、春の陽光にあたって小さな残っていた芽からなにか未来に続くもの・・・ほなあ生きまひょ。何してる? 如雨露を片手に? 朝っぱらから 星のなる木に 水をやろうと・・・☆いい行いだね♬☆